「安全な運転を考えよう」 2

・・・「オハヨウ吾輩はメグ博」皆さんと一緒に勉強じゃ・・・
 昨日は防衛運転に努めようであった今日からは具体的にお話しをしてまいる。
 安全運転の条件としては、大きく分けて頭脳作業と筋肉作業から成り立っているのじゃ、頭脳作業は情報の認知から判断意思の決定、そうして行動と言う一連のプロセスで成り立っており、一人ひとりの性格特性・スピード志向等にう影響され、当然のことじゃがアルコール・薬物など頭脳や筋肉の働きを低下させるものや、疲労からの影響も受けても運転には影響が出てくるのじゃよ。
 それから運転の行動に於ける情報の感知及び認知は人間の持つ「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」と言う5感の内「視覚」によるものが大半を占めているのである、したがって、見ることの大切さは重要であり、特に眼の能力を十二分に生かす行動が必要であるのじゃ。
 眼の動き
①動体視力と静体視力 
 動いている物体を自分も動いて物体を見る動体視力、どちらも静止して物体を見る静体視力、特に動体視力は静体視力に比べて視力が低下して居るものである
②動体視力と速度     
 視力1,2の人が時速72km/hで運転をしている時、その人の視力は0,6に低下 しており、充分な対応が必要になるのである
③年 齢 と 疲 労   
 その人の視力の低下は、その人の年齢、体調等で著しく変化しているのじゃよ
④動体視野と静体視野
 眼を動かさないでものを見る範囲を視野と言います、静体視野の範囲は大体左右200度まではと言わ れ動体視野はスピードにより変化して居る事を知って戴きたい のじゃ
⑤色 彩 判 別     
 0~35度まで色彩判別が出来ており、そのほかは白黒で有り特に60~100度の 視野は色彩の判別は出来ません
⑥眩      惑     
 一瞬眼が見えなくなる現象、へットライトで眼が眩しく視力を失う場合
⑦暗順応と明順応   
 明るさと暗さに慣れる事を言う

 *えらいこっちゃカメラを家に置いてきた図面は月曜日に入れます悪しからずご了解下さい。  
[PR]

by hyogomeguro | 2010-08-27 09:37