「安全運転の知識」15

・・・オハーまたまたスコブル快晴「秋」を皆の衆お楽しみかなメグ博もなんとなく爽快である。
 サテサテ今回は「心肺蘇生」(CPR)些かやるのが怖い人の命に関るのやから・・・慎重に・・・

 ①心肺蘇生(手・口による)
 具体的には胸骨圧迫30回人工呼吸2回の組み合わせを絶え間なく、負傷者が普段どうりの呼吸や意識がある仕草が認められるまで続けるのじゃ。
 協力者が居る場合には1~2分を目安に交代して救急隊が到着するまでね(出来るかな?)

 ②AED(自動体外式除細動器)
 これは、突然心臓が細かく震え(心室細動)心停止になった心臓の動きを戻す為に、電気ショックによる「除細動」を行なうための医療機器であり、緊急時には皆さんも使用出来ますのジャ

 AEDは音声メッセージと点滅するランプで実施すべきことを指示してくれますので、その指示に従って行なうのじゃ・・・
 このAEDを使用する間も、AEDの指示がある場合を除いて、前段の「心肺蘇生」を絶え間なく続けることが大事やぞ・・・
a0147891_859221.jpg


 まずAEDを負傷者の近くに置きAEDの電源をONにすると(機種によって電源ボタンを押すタイプとふたを開けると自動的に電源が入るタイプなどがあり注意をするのじゃ)電源が入ると音声メッセージと点滅するランプに従うのじゃよ・・・

 あまり一遍に沢山書くとどれがどれだか解からん様になってしまうので、今日のところはここまでじゃ・・・
 しかし、気道確保も人工呼吸も心肺蘇生も大変難しい、しかも、人命を預かっているのだから、是非お近くの消防署などで調べて、まずは講習から始めてほしいのじゃよ・・・

                                     メグ博
[PR]

by hyogomeguro | 2012-10-25 09:13